髪がパサパサになる原因とは?正しいヘアケア対策をご紹介!

髪がパサパサしていると、丁寧にブラッシングしてもすぐに広がってしまいますし、毛先も跳ねてしまって思うように上手くヘアスタイルを決めることができないですよね。

毎日シャンプー、リンス、トリートメントをやっていても、髪がパサパサになってしまうのにはどんな原因が考えられるのでしょうか?

髪がパサパサになってしまう原因の多くは生活習慣によるものです。

少し意識すれば簡単に変えていけるものばかりなので、自分に当てはまるものはないかどうかチェックしていきましょう。

髪がパサパサになる原因① 紫外線

紫外線を多く浴びることで、髪のキューティクルを破壊し、髪の水分を蒸発させてしまうのでどんなにトリートメントをしていてもすぐに髪がパサパサになってしまうのです。

紫外線が受けた髪が外的刺激によって、さらにダメージを負ってしまうので、たかが紫外線と侮ってはいけません。

髪がパサパサになる原因② シャンプー

市販されているシャンプーの多くには界面活性剤が配合されています。

この界面活性剤とは洗剤に含まれている成分と同じで、洗浄力は高いのですが、それだけ髪や頭皮に刺激を与えてしまい、艶のある髪に必要な水分や油分までも洗い流してしまうのです。

髪がパサパサになる原因③ パーマやカラー

現代の女性の多くがカラーやパーマをしてヘアスタイルを楽しんでいますが、あまり頻繁にカラーやパーマを繰り返してしまうと頭皮にダメージを与えてしまい、これも髪をパサパサにする原因の一つとなってしまします。

特に市販で売られているカラー剤は刺激が強いものが多いので、何度も使用すると髪がパサパサになってしまうのです。

髪がパサパサになる原因④ ドライヤー

髪が長くなるとドライヤーで髪を乾かす時間も長くなって面倒になって、ついついドライヤーを強くして早く髪を乾かそうとしてしまいますよね。

髪には痛覚がないので、温度が高い熱を与えても痛みを感じることはないので、強く当ててしまいがちですが、ドライヤーの熱によってキューティクルを破壊してしまいます。

髪がパサパサになるだけでなく、頭皮も傷つけてしまうので、手間はかかってしまいますが、できるだけ温度を下げた状態で優しく髪を乾かしましょう。

髪がパサパサになる原因⑤ 間違ったブラッシング

ブラッシングをしているだけで、なぜ髪がパサパサになってしまうのでしょうか?

ブラッシングをする時に力任せに頭頂部をから梳いてしまうと、絡まっている髪がブチブチと切れてしまい、髪にダメージを与えてしまいます。

絡まった髪を無理やり梳かそうとすると、髪のキューティクルを傷つけてしまうので、ブラッシングをする時は毛先から少しずつ絡まった髪をほぐすように丁寧に行いましょう。

ちょっと意識すればパサパサ髪を改善できる!

シャンプーやトリートメントできちんとヘアケアをしていても、ちょっとした生活習慣で髪をパサパサにしてしまう原因になります。

少し意識を変えるだけで、意外にも簡単にパサパサ髪を改善させることができるので、自分が当てはまっているパサパサ髪の原因を少しずつ直していきましょう。

パサパサした髪というだけで、どんなに顔や肌、スタイルが良かったとしても、女性としての魅力は激減してしまいますよね…

逆に言えば髪に潤いがあり、艶がある女性は、女性としてだけでなく、男性目線としても美しい髪の女性は清潔感があって女性らしいとモテ度アップさせることができます。

改善させるといっても難しいことは一切なく、簡単なことに気をつけるだけでも髪質を改善させることができるので、パサパサ髪で悩んでいる方は一度自分に当てはまっている原因はないかチェックしてみてくださいね。

LINEで送る

コメントは受け付けていません。